アルバム制作進捗報告

こんにちは。
季節は梅雨に入り、じめじめとした日が続きますね。

前回の記事からずいぶんと日が空きましたが、皆さんいかがお過ごしですか。
前回の記事ってどんなのでしたっけ?ええと、ああ、Twitterの抜粋でしたね。11月で終わっている・・。(続きはそのうち)

kenは相変わらず、システム開発の仕事と音楽アルバム制作の日々が続いています。
普段、言いたいことはTwitterにだらだらと漏らしてしまっているのでなかなかブログに向かう気が起きなかったのですが、そう言えばあまりアルバムの制作状況についてお話ししていないなと思い、こちらにも書いてみることにしました。

そもそも、アルバム制作って何?という所から話を始めないといけませんね。
AboutのページやTwitterをご覧になった方はご存じかもしれませんが、kenは音楽制作活動を行っていまして、その主な活動場所として動画共有サイトに音楽をアップロードしています。
この活動をしばらく続けた結果、制作楽曲をそれなりに用意することが出来まして、ではこれを纏めてCDにしてしまおう、と言うのが今回のアルバム制作の話の発端です。

大雑把に今回のアルバムの内容を記してみると、
・平均4分くらいの7~10曲を収録。
・発表済みの楽曲を収録するが、全てリテイクを行う。
・新作数曲?
・作風はボサノバっぽいようなジャズっぽいような、でもやっぱりポップス。
・楽しい、優しい、しっとり、うっとり、キュンキュン。

といった感じに。なんか解ったような解らないような内容ですが。
詳しくは完成をお楽しみにと言うことで。

制作工程は次の通りです。
・作詞・作曲
・オケ作成(打ち込み/楽器収録)
・歌入れ(歌唱打ち込み(※楽曲の全てにVocaloidを使用しています))
・ミキシング
・マスタリング
・CDジャケットデザイン作成
・プレス依頼作業

今は、作詞作曲~オケ作成の段階です。数曲ミキシングの直前まで出来ていますが・・先は長い!

7月中に成果を出したいな。

 

ではまた次回に。良い報告が出来るようがんばります。

 

【オマケ】

今回の記事のオマケと言うことで、楽器収録工程で作成したクラベス(claves)の音源を公開します。
クラベスってのはこういうのです。

棒と棒を打ち合わせて音を出す楽器です。リズムを出すのに用います。木製ですが、金属のような高い音を出します。

この手の打楽器はごく一般的なマルチ音源に入っていたりするのですが、自分の所持しているソフトでは良い音がする物を見つけられなかったので収録することにしました。

公開するのは96khz、24bitのwaveファイルです。
強弱6パターンを収録しました。
興味のある方はサンプラーなどに取り込んで使用してみてください。

クラベス(waveファイル6パターン)


  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top